株式会社カレンコンサルティング

プロセス共有型トータルビジネスコンサルティング



Google
株式会社カレンコンサルティングトップページへ サービス ニュースリリース 株式会社カレンコンサルティング企業情報 お問い合わせはこちら
ホーム > サービス > コンサルティング
株式会社カレンコンサルティングのコンサルティングサービス

コンサルティング Consulting

ハード・ソフト両側面からの『プロセス共有型コンサルティング』

カレンコンサルティングは、お客さまが抱える様々な経営課題を解決するため、ゴールに到達するための、ビジョン策定、戦略立案から業務プロセス構築・改善、組織設計、制度設計、システム導入支援などを行います。
支援プロセスの随所には、“ソフトウェア的”手法を取り入れながら、お客様の成長する組織への具体的な変革シナリオ設計、ファシリテーションの実施、必要なノウハウや考え方のご提供、様々な成果物作成等を共に行い、ご支援します。

・経営理念、ビジョンの策定
・経営理念、ビジョンの再構築
・社内への定着、社外への情報発信 等
 
 
 
・経営戦略/事業戦略の立案
・中期経営計画/事業計画の策定
・環境分析、市場調査 等
 
・CI戦略
・インターナルブランディングマネジメント
・インターネット戦略 等
・業務プロセス設計・改善
・業務モデリング(BPM)
・QCD(Quality, Cost, Delivery)改革
・内部統制
・iGrafx
・UML 等
・組織設計
・会議設計
・制度設計
・システム導入支援 等
・組織風土改革
・コミュニケーション設計
・組織診断 等
経営理念・ビジョン (経営理念/ビジョン策定、再構築、定着、情報発信)
経営理念、経営ビジョンは企業の経営戦略立案、経営計画策定のスタートラインと言え、どの企業にも社是、社訓など表現は異なっても何かしらの基本指針は存在します。大事なことは、これらが企業や組織に浸透し、日々の活動にどれだけ深く根付いていて、社員の行動を決定する判断基準として定着しているかということです。

理念やビジョンを新たに策定する、あるいは再構築を行う場合は、作成して現場に落とし込んで終りというものでもありません。いかに組織のDNAとして定着するかが、組織パフォーマンスを発揮する最大の成功要因になります。

作り上げるプロセスが重要です。
カレンコンサルティングでは会社の歴史、創業者の苦労や思い、社員の価値観抽出から着手し、最終的には社内への定着、社外への情報発信等をブランド戦略と連動させながら効果的に行っていきます。

経営戦略 (戦略立案、経営計画策定、環境分析、調査、シミュレーション)
企業の経営理念を実現するための具体的な設計図が中期経営計画になります。社外へのメッセージとしては、将来性・成長性などの見通しの物差しとなり、社内からは中長期の展望として、その存在意義は大きなものがあります。

経営計画から単年度の事業計画、更に、毎月の社内会議体まで一貫性を持った構造と設計が必須になります。

また、戦略を立案するための材料として環境分析が必要となります。市場環境や競合他社、顧客の動向などをリサーチし、今後の事業展開先のセグメントや自社のポジショニング、ニーズを把握していく必要があります。

カレンコンサルティングは、環境分析をはじめ、様々な角度から調査、分析を行い、年次や月次のスパンにおけるレビューの仕組みまで構築支援を行います。

ブランド構築 (CI戦略、インターナルブランディングマネジメント、インターネット戦略)
『ブランド』の本来の意味は“個性”です。
企業の社会貢献度の物差しの1つとして欠かすことができないものは、「利益を上げる」ということです。これは言い換えれば、利益を上げる企業は、競合他社とは違う差別化要因を有しているからです。
差別化の直接的要因としては「商品」や「サービス」になりますが、間接的要因としては「知名度」や「企業イメージ」などの『ブランド』になります。 商品やサービスによる差別化が難しい昨今、勝ち続けている企業には「勝つための差別化要素(=ブランド)」が備わっています。しかし、『ブランド』を効果的に社外や潜在的な顧客層に伝え切れていない会社も多く見受けられます。

カレンコンサルティングでは、企業の“個性”である『ブランド』を戦略的に可視化し、競合他社に対して差別化支援を行います。

具体的には経営理念や独自性などの企業固有で持つ無形資産からCI (Corporate Identity)に戦略的に落とし込み、社内における経営理念定着の促進要因として機能させる仕組み(インターナルブランディングマネジメント)を構築したり、インターネット等を活用し社外にコーポレートメッセージを効果的に発信し、定期的に効果測定を行いながら、勝ち続けていける企業の体制作りをご支援いたします。

業務プロセス (業務プロセス設計/改善、業務モデリング(BPM)、業務標準化設計、内部統制対応、iGrafx)
企業活動の実態である業務プロセスを業務モデリング(BPM)手法により可視化を行います。 業務プロセスを可視化することにより、問題点の早期顕在化が実現でき、コンプライアンスリスク低減、業務品質向上、業務効率向上によるオペレーションコストダウン、情報システム化を行う際の業務要件の基本情報を得る等、ビジネスへの効果は大きなものがあります。

アウトプットである業務フロー図、業務記述書、リスク/コントロールマトリクス(RCM)等多岐に渡り、内部統制の対応や上場準備を始める企業などにもそのまま適用可能です。

業務プロセスは「正しく表記される」ことが前提で、そのためには「現場の人が主体的に記述をする」ということをカレンコンサルティングでは大事にしています。従って、本コンサルティングを通じて、現場の皆さんが自分自身で業務プロセスを記述できるようになり、その結果、自部門の業務設計や標準化設計、改善等に自発的に取り組む動機付けにもなります。

仕組み構築 (組織設計、会議設計、制度設計、システム導入支援)
組織設計の目的は、個々人が自ら自発性を持って、自律して主体的に動ける環境を作ることです。現場に近い部分で意思決定がなされるような組織構造を作り、情報や意思決定の流れを作り上げることが大切です。

業務プロセスと一緒にこれらの仕組みを作り上げると同時に、各種制度設計や規程類の作成、文書体系等のインフラ構築のご支援をいたします。

また、システム導入の際には経営や組織上の課題、現場の悩み・困り事などの整理から着手し、導入途中における仕様変更、機能追加等のコストが発生しないように関係性づくりから実施するのがカレンコンサルティングの特徴です。

組織風土 (組織風土改革、コミュニケーション設計、組織診断)
組織が変わるためには個人から変わることが必要です。考えなければならないことは、どう変わるかと、どう変わって欲しいかであり、特に後者は企業の経営ビジョンや経営方針をはじめ、経営戦略や人事制度等の仕組みにも大きく影響をしてきます。 同時に、企業が抱える様々な経営課題を解決していくためには、ソフト/ハード両面でバランス良く変革を進めることが成功要因と考えています。変革のグランドデザインから具体的成果に結び付くまでの変革シナリオを一緒になって考えていきます。

企業変革を成功に導くために、経営トップからビジネスの現場まで業務に従事する社員は改革のための意識を共有し、必要性と実現に向けたプロセスそのものに理解と共感が得られる働きかけを行うことが重要です。

カレンコンサルティングでは、組織風土改革から意思決定システムの構築、会議体設計等のコミュニケーション設計をはじめ、組織活性度を測る客観的な診断ツールを活用しながら、経営リソースの中で最も重要な“ヒト”のパフォーマンスを最大限発揮できるような組織づくりをご支援します。

>> 組織風土

悩み、不安、思い、不満等を抱えるお客さま 問題意識別

具体的な経営課題が見えているお客さま 経営課題別

Copyright© 2009-2017 Carren Consulting Inc. All Rights Reserved.