株式会社カレンコンサルティング

プロセス共有型トータルビジネスコンサルティング



Google
株式会社カレンコンサルティングトップページへ サービス ニュースリリース 株式会社カレンコンサルティング企業情報 お問い合わせはこちら
ホーム > サービス > コンサルティング > 業務プロセス > 業務プロセス設計・業務改善
株式会社カレンコンサルティングのビジネスプロセス

業務プロセス設計・業務改善 Business Process Design & Improvement

業務の棚卸しから最適化まで

業務の棚卸しから最適化まで
企業の日々の活動である業務プロセスの設計と改善を行います。
現状業務の棚卸しを行い、問題点の顕在化を実施します。業務ごとに細かくプロセスを分解し、インプット/アウトプット、いつ・どんなタイミングで、何を処理し、どのような情報(書面やデータ等)がやり取りをされるのかを明確にしていくことで、業務プロセスの最適化を行います。

経営品質に通じる業務プロセス

業務のオペレーション品質を上げるためには、業務プロセスがきちんと確立されている必要があります。業務プロセスがきちんと構築されて、継続的な改善が日々行われている企業は、オペレーション品質が高く、結果、経営品質も高い企業と言えます。

「可視化」による問題点の早期顕在化と資産化

業務スタンダードを構築し、業務プロセスを「可視化」することで問題点をいち早く発見することができます。問題点が不明で原因が特定できないまま業務を遂行させる危険性よりも、「間違いは間違い」として認識し、迅速かつ的確に把握し、問題解決に着手できるほうがはるかに望ましいことでしょう。
更に、部門間や個人間においても、お互いがどのような業務を行っているかがわかることより、企業としてはノウハウなどを蓄積し資産化することが可能です。

業務プロセスの可視化メリット

可視化を行うことによって業務プロセスは、「誰が見てもわかるプロセス」、「間違いが見えるプロセス」、「間違いを起こしにくいプロセス」、「変化に対応しやすいプロセス」もなります。

基本はPDCAサイクル

基本はPDCAサイクル
業務プロセス構築と改善の基本はPDCAサイクルになります。業務プロセスの分析から始まり、可視化の実施、改善効果を測るためのKPI等の設定、継続的なモニタリング、そして更なる改善の実行、次の業務プロセスの構築というサイクルを繰り返していくことになります。

業務プロセスの考え方

業務プロセスを掘り下げて細分化することで、小さな処理(プロセス)に分解できます。各々のプロセスは数珠繋ぎのように示され、同一部門内で完結するか、部門や企業をまたがったりする場合があります。この小さなプロセスをモジュールとして見なし、それぞれのプロセスの入力・出力・タイミング・受付条件・処理内容・データのやり取り等を精査していきます。

プロセス分解とプロセスモジュール
【プロセス分解とプロセスモジュール】

業務プロセス設計は経営・事業戦略の確認、組織構造把握から始める

業務プロセス設計・改善は経営・事業戦略の確認と組織構造の把握から開始します。
業務には部門特有のプロセスが存在したり、共通するプロセスの有無などは組織構造に起因している場合が多いです。また、組織構造は戦略を実行できる体制に構築されているはずです。
したがって、業務プロセスを設計する際には経営の意思として戦略を確認しておく必要があります。

業務プロセス設計/改善フロー
【業務プロセス設計/業務改善フロー】

社員が組織、経営を意識し、コミュニケーション促進をはかる副次効果

現状の業務プロセス分析が終り、改善業務プロセスを検討する段階では、現状発生しているトラブルや品質低下、非効率等のプロセスが見えてきます。これらを改善するために部門間における調整が必要となる場合が少なくありません。
業務プロセス構築や改善を通じて、普段はほとんど意識しなかった自部門の業務範囲や部門間の連携など、経営や組織を意識し、コミュニケーション促進のきっかけも生まれてきます。
カレンコンサルティングは、業務プロセスの改善や設計と一緒に、部門間の連携やコミュニケーションの促進もお手伝いいたします。

 

Copyright© 2009-2017 Carren Consulting Inc. All Rights Reserved.