株式会社カレンコンサルティング

プロセス共有型トータルビジネスコンサルティング



Google
株式会社カレンコンサルティングトップページへ サービス ニュースリリース 株式会社カレンコンサルティング企業情報 お問い合わせはこちら
ホーム > サービス > コンサルティング > 仕組み構築 > 会議設計
株式会社カレンコンサルティングのビジネスシステム/インフラビルディング

会議設計 Meeting Design

情報伝達網の構築(会議体設計、意思決定システム構築)

情報伝達網

【情報伝達網】

活き活きとした組織は、情報活発が縦横無尽に行き交っています。これは組織風土とも深く関連します。

この情報伝達網は組織設計の次に考えなければならない事項です。
「会議体設計」、「意思決定システムの構築」は経営計画に則した内容で整合性と一貫性が重要です。

日々の企業活動の積み重ねによる活動の実現が、社員一人ひとりの立ち位置を明確にするとともに、着実に理念・ビジョン実現のために成長しているという実感を社員に持たせます。

カレンコンサルティングは、企業価値向上のために、必要な要素を隋所に組み入れながら設計を行います。

(1)会議体設計はコミュニケーション設計

場の設計

【場の設計】

会議は、目的(議題)があるから開催されるものです。開催される会議では、「何をどのようにするのか」という“会議の目的”を明確にしておく必要があります。

“コミュニケーションの場”には次の4つがあります。
・「決める場」
・「報告する場」
・「共有する場」
・「相談する場」

特に、有益な情報は「インフォーマルな場やネットワーク」においてやり取りがされる場合が多いです。このインフォーマルな場はあえて会議である必要はありません。

(2)意思決定システムの構築

企業は株主総会を筆頭に、様々な会議で構成されています。どれ一つとっても経営計画/事業・予算計画に従い、重要な役割を持ち、連携をとっています。

それぞれの会議において使用されるフォーマットの統一化、整理及び情報共有の手段の検討も行います。

同時に、各会議のスケジュール設定や運営方法も会議全体図を描きながら、構築していきます。

会議の目的と権限、年間スケジュール、運営方法を明確にし、 ITを有効活用しながら情報共有と意思決定の迅速化を図ります。

意思決定システムの一例と会議使用フォーマットの一例

Copyright© 2009-2017 Carren Consulting Inc. All Rights Reserved.